コqc

新年最初の朝宣伝に11人参加

 10日、朝7時30分から鈎取交差点で新年最初の街頭宣伝を行いました。鈎取、上野山、山田、人来田の各後援会から9人、角野達也県議と私で総勢11人が横断幕の前に並んで代わる代わるマイクを握りました。
 安倍政権の早期退陣を求め、来るべき衆議院総選挙で日本共産党躍進、野党共闘で自民党を少数に追い込み野党連合政権をつくろうと訴えました。通勤途上の車の中から手を振る方や笑顔で応えてくださる方など、暖かい声援をいただきました。

初売り宣伝に激励の声

img_2505 毎年恒例の初売り宣伝を11時から平和ビル前で行いました。今年は、高橋ちづ子衆院議員に加え、参院議員の岩淵友さんが初めて参加しました。また、来るべき衆議院選挙に比例東北ブロックから2議席目に挑戦する市議のふなやま由美さんと市議団、県議団がそろって新年のご挨拶をしました。通行する人たちから「頑張って!」と激励の声や笑顔で手を振るなど心温まる初売り宣伝でした。
 今年は衆議院解散総選挙が予想されています。6月は東京都議選が戦われます。加えて夏には仙台市長選挙、秋には県知事選挙と戦いが続きます。国政も地方政治も市民と共同の力で政治を変える年にしたいと思います。ひとつひとつ着実に前進させたい!

バス運転中にポケモンGOを操作し、事故を起こした件について

 仙台市交通局から業務委託された(東仙台営業所)宮城交通の運転手が10月18日、宮城野区燕沢2丁目の市道で回送バスを運転中にスマートフォンでポケモンGOを操作し、街路樹に衝突する事故を起こしました。マスコミで報道されたのは、1か月以上も後です。社会的に問題になっている事故なのになぜ、公表が遅れたのか。私が11月初めに事故について確認したところ、交通当局は大した問題ではない、重大事故ではないとの認識を示し、運輸局に報告しませんでした。運輸局の事故速報の取り扱いでは、今回の事故は「社会的影響が大きいと認められる事故」に該当するものでした。しかも、事故発生から24時間以内に報告することになっています。
 市民の命を預かる運転手が起こした事故に対する認識の欠如が大きく問われます。委託先だからと指導・監督を弱めているとしたらあまりにも無責任です。人命を軽んじているとしか思えません。委託先を指導できないのであれば、市の直営に戻すべきです。
 交通当局は今回のことを真摯に受け止め、根本的に改めることを強く求めます。

無料法律相談 1月

2215

暮らしのことや困りごとに弁護士が無料で相談にのります。
ご相談をご希望の方は、事前に相談時間の予約をお願いします。
お気軽にお電話ください。
相談受付 日本共産党仙台西地区委員会 電話225−2920

日時: 1月26日(木)午後3時〜5時
会場: 嵯峨さだ子市議事務所
(日本共産党西多賀事務所)
太白区西多賀4丁目5−26
電話 245−9445
主催:仙台太白区日本共産党後援会

政務活動費のインターネット公開

 12月市議会に政務活動費の収支報告書等をインターネット公開する条例改正案を民進党の伊藤ゆうた議員、日本共産党市議団、市民フォーラムの平井みどり議員が共同提案しました。この議案が付託された総務財政委員会では、継続審査となり、20日の本会議でも継続になりました。
 継続を主張した会派は「時期尚早」とか、「手続きを踏んで」と言いますが、条例改正の内容は「インターネット公開をする」と決めるものです。具体的な手続きや内容までは含めていません。議会の意思を表すものです。
 そもそも、共産党市議団は11月14日に議長に対し、インターネット公開を含む議会改革の申し入れを行いました。議長がイニシアチブを発揮して、インター公開をすすめる決断をすべきものだったと思います。こういうことをしないで、条例改正提出の話が出たら、急きょ各派代表者会議の場で、市民フォーラムの岡本あき子さんが議会改革について協議の場を設ける提案を行いました。政務活動費の透明性、公開をより一層高めることは市民から求められています。共産党市議団は2015年度分の収支方向書等を年内に公開する作業をすすめています。

無料法律相談 12月

2215

暮らしのことや困りごとに弁護士が無料で相談にのります。
ご相談をご希望の方は、事前に相談時間の予約をお願いします。
お気軽にお電話ください。
相談受付 日本共産党仙台西地区委員会 電話225−2920

日時: 12月22日(木)午後3時〜5時
会場: 嵯峨さだ子市議事務所
(日本共産党西多賀事務所)
太白区西多賀4丁目5−26
電話 245−9445
主催:仙台太白区日本共産党後援会

多忙ながら充実した土日

昨日の午前は、党中央委員会副委員長の広井暢子さんを招いて、女性の学習・交流会が行われました。歴史的な参議院選挙で開いた「政治を変える希望」、野党と市民の共闘、日本共産党の果たした役割、始まっている歴史の鼓動は私たちが前にすすめるときと話されました。
 また、日本の女性の地位と平等の課題、政治や社会の活動へ、女性の公正、平等な参加について講演しました。世界男女平等ランキング111位の日本。なぜ日本に女性議員が少ないか、日本共産党はどのように女性の政治参加をすすめてきたか、資料を使いながら縦横に語りました。女性の地位向上と平等は女性自身の意識改革の問題でもあると。

 午後は、太白区母親大会連絡会のつどいが開かれました。80~90代の5人が戦争体験を語りました。10代の頃の戦争体験は今でも夢にみる位深い心の傷となって残っているといいます。「二度と戦争はしてはいけない」

img_0079s  
この後、「鈎取のつどい」に駆け付けました。20名を超える住民が揃って、角野達也県議が議会報告中でした。私からも、市議団ニュースを使って議会報告をしました。政務活動費やバス問題など、質問、要望がだされました。

 今日は、朝6時から町内会の側溝掃除に出ました。今朝は比較的暖かったので楽でした。朝食をとってから、涌谷高等学校同窓会仙台支部総会に出かけました。毎年、この時期に行われます。ホテルに着いたら、役員の方から「嵯峨さん、今年も総会の総合司会をお願いします」と頼まれました。
 総会の後の懇親会では、涌谷高校の校長先生が、生徒の活躍の様子や昭和30~40年代の頃の学校と先生・生徒たちの写真をパワーポイントで映して見せてくれました。なつかしい顔を見つけては、大賑わいになりました。
 涌谷高校の「校歌」にも「自由と正義 胸にして」「真理の泉 我等汲む」の歌詞がありました。

沼部中学校同級会

161112_0737~01

161112_0737~01

161108_1035~01

161108_1035~01

 

161108_0618~01

161108_0618~01

7~8日、松島のホテルで古希をお祝いして中学校の同級会(さんご会)が開かれました。66人が集まり、楽しい一夜をともに過ごしました。集団就職で東京や横浜などに行った仲間もまだ現役で働いていたり、お互いに元気をもらった2日間でした。
 幹事さんたちが用意したしおりに、当時の木造校舎の写真と中学校の校歌が書いてあり、合唱しました。歌っていて気が付きました。自由の憲法に育まん、自由の御世に生まれたり、平和の御代に目覚めたり、文化の国土をうち樹てん、の歌詞が並んでいます。当時は意識しないで歌っていましたが。沼部中学校で学んだことを誇りに思います。

 8日は、瑞巌寺と円通院を見学しました。円通院の紅葉は見事でした。

災害対策全国交流集会

 

161105_1153~01

161105_1153~01

161105_1415~01

161105_1415~01

161105_1401~01

161105_1401~01

4~5日、福島県いわき市で災害対策全国交流集会が開催され、参加しました。東北の被災3県を初め、熊本や広島、兵庫、茨城などから190名が参加。宮城県からは31名が参加しました。
 4日は、原発事故によって被害を受けた楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町をバスに乗って現地視察しました。いわきの道の駅を出発し、常磐道を走りました。道路脇に放射線のモニタリングポストが設置されて、放射線量が表示されています。浪江町は3、9㏜でした。
 4つの町は人っ子一人いない、富岡町は各家の入口にバリケードが設置されて立ち入りが禁止されていました。富岡町の中学校に少しだけ立ち寄りました。体育館は卒業式が終わり片付けの最中で原発が爆発し、即座に避難したため紅白の幕などがそのままの状態でした。我が家に戻りたくても戻れない、どんなに辛いことか、想像するに余りあります。国と東京電力の罪は言い尽くせないほどです。
 田畑には、除染した土の山があちこちに積み上げられ、田んぼはセイダカアワダチソウとススキが生い茂り、「荒野」と化していました。耕作していた農業者が見たら、どんなに嘆き悲しむだろうといたたまれなくなり、怒りがこみあげてきました。原発廃炉、原発ゼロにして、2度と福島の悲劇をくり返してはなりません。

 5日は、4つの分科会と全体会が開かれました。第1分科会は「大規模災害での被災者救援の現状と課題を考える」 私は、① 劣悪な避難所の現状と改善の方策などで、仙台市の報告を行いました。報告の要旨は、1、避難所の現状と課題 2、避難所の改善に向けた取り組み 3、具体的に改善がなされた点と内容 4、「行革」による職員減らしで、迅速な救助、救援が十分にできなかった
 東日本大震災を経て「災害救助法」が改善・拡大されましたが、自治体側がそれに即応・対応していない問題等が話し合われました。

無料法律相談 11月

2215

暮らしのことや困りごとに弁護士が無料で相談にのります。
ご相談をご希望の方は、事前に相談時間の予約をお願いします。
お気軽にお電話ください。
相談受付 日本共産党仙台西地区委員会 電話225−2920

日時: 11月25日(金)午後3時〜5時
会場: 嵯峨さだ子市議事務所
(日本共産党西多賀事務所)
太白区西多賀4丁目5−26
電話 245−9445
主催:仙台太白区日本共産党後援会