日別アーカイブ: 2017年12月29日

今年は歴史的な年でした

171230_0846~01

 2017年も残すところわずかとなりました。今年は7月に仙台市長選挙、10月に県知事・衆議院選挙を戦いました。市長選挙は市民と野党の共闘で郡和子市長を誕生させることができました。奥山市長と村井知事が応援した菅原氏を見事に破ったのは痛快でした。市民の底力を見せつけたものといえます。
 市民の声に耳を傾ける郡市長の政治姿勢は、職員にも向けられています。市民の要望に対し、できない理由をあげるのではなく、どうやったらできるかを考えることが大事だと述べています。そのとおりだと思います。
 12月議会に就学援助の入学準備金を入学前に支給する(中学校1年生)補正予算が提案され、議決しました。これまで、私たちが繰り返し求めてきたものです。市長が変わればこんなにも違うと実感しています。
 35人以下学級や復興公営住宅の家賃値上げ問題などにもしっかりと施策が打ち出せるように、市民とともにがんばりたいと思います。
 それにしても、自民党など野党が多数を占める市議会は、議会の民主的運営に逆行する行為を以前にもまして強行しています。こういう遅れた市議会を改めなければなりません。
 来年はさらに飛躍できるようがんばります。