奥山恵美子市長の引退表明にあたって

 奥山恵美子市長が今期限りで引退し、7月に行われる市長選挙に立候補しないことが報道され、8日に記者会見が行われました。市長選挙を戦う確認団体である「いのち、緑、平和を守るみんなの会」(通称 みんなの会)が同日に緊急会見を開き、「声明」を発表しました。会見したのは、みんなの会代表の三戸部尚一氏と事務局の小池氏。みんなの会の一員である日本共産党仙台市議団団長の私、嵯峨サダ子と花木則彰幹事長が同席しました。
 市長選挙に向けて、みんなの会はこの間3回にわたり、「仙台市政を検証するつどい」を開催し、市民のみなさんから様々な分野と角度で奥山市政を転換しなければならないとの意見が多数寄せられました。みんなの会も、現在の奥山市政に対しては、きびしい見方をしています。
 奥山氏は、被災者がまだまだ生活再建を果たせないにもかかわらず、復興事業計画を終了させてしまいました。被災者の医療費・介護料免除を打ち切るなど、支援の打ち切り・縮小を進めました。市が事業者から買い取った復興公営住宅が、その事業者が後から建てた高層マンションの日影になった問題で、「受忍の限度内」と述べるなど、被災者に冷たい姿勢をあらわにしました。仮設住宅や復興公営住宅に市長自らが足を運び、声を聴き、考えるという、当たり前のことも行ってきませんでした。「復興にメドを付けた」などという評価は当たりません。

 保育所の待機児童も、認可保育所を希望しても入れない児童数は、毎年1000人前後で、今年度4月解消の目標も果たせませんでした。原因は、公立保育所を毎年2か所づつ廃止し続けてきた奥山氏の失政にあります。子育て支援にも、若者支援にも積極的に取り組まない市政では、将来に向かって活力を維持できる都市づくりなどできません。

 高すぎる国保料を引き下げることもせず。国保会計の黒字を市の一般会計に還元させています。国の介護保険制度改悪に抗して、市民と介護事業者を支えるという姿勢もありませんでした。

 教育長を務めた市長でありながら、教職員の県雇用から市雇用に切り替わる今の好機にも、少人数学級の拡大や、教育環境の整備に積極的に取り組むこともしませんでした。

 市民の暮らしの安全・安心、環境を守る自治体の責任も果たす意欲は見られませんでした。原発事故で発生した放射能汚染廃棄物の焼却を実施し、全県の一斉焼却にもきっぱりと反対できないでいます。相次ぐ石炭火力発電所の被災地仙台への進出計画も、市の姿勢の弱さに付け込まれているものです。

 仙台の市政が、これらの問題点を克服していくためには、次のような市長が求められていると考えます。
1、市民の声を聴き、国や県にもしっかりとものを言うことができる市長
1、市民の暮らしを応援し、福祉の増進に努力する市長
1、杜の都仙台の環境を守り、安全・安心に責任を持つ市長

 奥山氏の引退は、こうした市長を幅広い市民の共同の力で生み出す条件を広げるものと受け止めています。私たちと一緒に運動を続けてこられた市民団体や個人に加え、現職市長引退の下で文字通り「市民共同」を模索するさらに広い団体や市民の方々とも共通する要求を基盤に共同の輪を広げられるからです。
 さまざまな経緯や思惑の違いは脇に置いて、市民の暮らしのためにまっすぐ向き合う市政をご一緒につくることを呼びかけます。市長選での市民との擧協力・共同をめざし、できる限り早期に共同の候補者を擁立できるよう力を尽くすものです。
                               以上

奥山恵美子市長の引退表明にあたって」への2件のフィードバック

  1. 中紙延久

    入学式の時期ですが、自分が子供の頃はまじめに勉強して、行きたい高校の偏差値に足りていたにもかかわらず受験させてもらえなかったことがあり、つらい記憶がよみがえります。
    貧困の連鎖、格差社会が戦争や原発事故の原因になっているのではないでしょうか。
    奇しくも、奥山市長の辞意を伝えた河北新報の号外は裏面にシリアのことが書いてありました。シリア情勢に鑑みての引責辞任だと思いました。
    新市長の政策次第で世界平和の実現に繋がることと思います。

    返信
    1. 嵯峨 さだ子 投稿作成者

      市民に寄り添い、市民の苦しみや痛みがわかる市長を誕生させましょう!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください