「私たちの市長を選ぶ仙台市民の会」結成

170506_1420~01

 今日、午後2時から宮城県民会館において、私たちの市長を選ぶ仙台市民の会キックオフ集会が行われ、260名をこえる市民が参加しました。4月7日に現職の奥山恵美子市長が突然引退表明を行ったことで、自分たちの手で仙台市のリーダーを選び取ろうという動きが生まれ、今日の集会に至りました。新しいリーダーを市民の手で選び取るというプロセスは画期的なことです。
 発起人から、仙台市長選挙の候補者として、6つの点を実現するリーダーを選ぶことが提案されました。地方自治の原則に基づき、自立した政令都市として、市民との対話を大切にした市民協働の市政運営を実現するリーダー。憲法を暮らしに生かし、弱い立場におかれた人たちをまん中に、一人ひとりの多様性を尊重した自由・人権・教育・子育てを大切にする地域共生社会に向けた政策を実現するリーダーなど。続けて、会則の説明及び市民の会発足の提案があり、満場の拍手で確認されました。その後、会場から13人の方が新しい市長への期待・思いを発言しました。
 候補者選考委員会(15名)を構成し、5月いっぱいで候補者を選ぶこと。仙台市民の会の共同代表は新里宏二弁護士を初め5名の紹介がありました。
 30年近く続いてきた自民党型市政を根本から切り替える絶好の機会です。思想信条の違いを乗り越えて市民の手で市長をつくりあげましょう!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA