郡和子新市長とガッチリ握手

 7月23日投開票が行われた仙台市長選挙で勝利した郡和子新市長が昨日、日本共産党市議団に挨拶に来られました。共産党は郡和子市長候補と12項目の政策で合意し、その実現のために我がこととして選挙で奮闘しました。郡市長を誕生させた責任ある政党・会派として市長を支え、市長とともに市民の暮らしを守るために頑張ります。市民の力で政治を変えるために、これまで以上に市民とスクラムを組んで頑張ります。

郡和子新市長とガッチリ握手」への2件のフィードバック

  1. 中紙延久

    昨日の河北新報に載っていた秋田県の嵯峨さんは、もしかしてご親戚の方でしたでしょうか?
    共産党はこれまでも被災者支援に取り組んで来られましたが、市長が変わった今こそ、今まで実現できなかったことを実現する機会なのではないでしょうか。

    返信
    1. 嵯峨 さだ子 投稿作成者

      河北新報の件は存じません。郡市長は就任後に早速行動を開始しています。仙台パワーステーションの石炭火力発電所が試験稼働していますが、郡市長は大気と水質の調査をするよう環境局に支持しました。また、低温と日照不足で稲の生育が心配されています。27日に根白石のライスセンターを視察する予定です。市民の要望に応え、現場に足を運ぶ郡さんの姿勢に期待したいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA