予算議会が始まります

 明日、13日から予算議会が始まります。議会開会冒頭に郡和子市長が施政方針を述べます。「人を育み、人がつながるまちづくり」を第1の柱にかかげたことは、これまでの市政と大きく違います。中でも、教育や子ども、産婦への支援策が新規事業としてあげられています。35人以下学級は4月から中学校2年生を、来年の4月は中学校3年生を対象に行います。市長がやる気になればできることを証明しています。
 復興公営住宅の特別家賃が6年目以降も値上げせずに据え置くことを決定しました。仙台市に続く自治体が増えています。仙台市がリーダーシップをとることの重要性を示していると思います。郡市長は「入居者の皆さんの生のお声と国からの通知があったので」と述べています。市民の声に耳を傾け、市政が前進するよう私たちも市長を支えて頑張ります。
 代表質疑は花木則彰議員(19日)一般質問は高見のり子議員(20日)、嵯峨サダ子(21日)が行います。議会傍聴にお越しください。

 10日に、上野山後援会の総会と新年会、職場の後援会新年会がありました。ここでも、市政の変化を報告すると、参加者から「希望が持てる」との期待の声があがりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA