憲法9条改憲ノー 街頭署名に若い世代が署名

180324_1408~01

 24日の午後1時30分から2時30分、ザ・モール長町前で憲法9条改憲ノーの3000万署名活動を行いました。参加者は、各地域の憲法9条の会の方々など21人です。横断幕やシール投票で買い物客に署名を訴えました。春休みもあってか、中高生や若い世代が足を止めてサインをしてくれました。森友学園の国有地売却の決済文書が改ざんされた問題もあり、対話もすすみました。
 署名数は60筆を超えたとみられます。署名活動には、角野達也県議、前市会議員のふなやま由美さんも参加しました。

 3時から、日本共産党太白区後援会総会が開かれ、戦時中、戦意高揚のためにつくられた「紙芝居」の上演を見ました。改めて平和の大切さをかみしめました。

夕方6時30分から、駐仙台大韓民国総領事館 梁桂和総領事歓送会に出席しました。仙台市議会日韓議員連盟としての出席です。梁さんは女性の総領事として日韓の架け橋になり尽力されました。きめ細やかな心遣いと凛とした素敵な女性のリーダーでした。韓国と日本はいま難しい一面がありますが、民間交流を活発にして国交が正常化されるよう望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください